店頭在庫数を推計しよう

小売業なら明日から数か月先、卸売業なら数か月先から1年先の店頭在庫が予見できたら・・・しかも、自店・自社チャネル以外も含めてわかったら素晴らしいと思ったことありませんか?

あくまで予測ですが、数年前よりは実現可能性が出てきたと考えております。理由は入手できるデータの量が圧倒的に増えたこと+ECチャネルが一般化してきたこと+AIが使える段階に入ったことです。

入手できるデータは、ビッグデータと呼称されるように様々な種類のデータが新たに把握されるようになっています。

ECチャネルは、誰もが使うチャネルになりました。ECは、消費者の購入行動を店頭よりも明確に把握できるので、「なぜ、買った」・「なぜ、買わなかった」が分析しやすい環境です。そのデータが大量に日々取れる状況に近づいているのですから、この情報を店頭に活かせる可能性も高くなってきました。

そして、「だから、この予測」を出すための分析にAIが本格的に使われ始めています。これまで、統計解析と経験則等を組み合わせて四苦八苦しても外していた予測が、新たな段階に入れそうです。

これらの環境に、いくつかの条件、例えば「新商品登場」・「商圏内店舗改廃/開発」等をパラメータ設定できれば、これまでよりは予測値を狭い範囲に着地させられるのではないでしょうか? 国内流通の非効率の代表である「返品」を半分にできるだけでも効果は充分と思えるのですが。